備忘録

本の中の食べ物や日々の道具などについて書いたり消したり直したり

Evernoteが起動しなくなった時のメモ

Evernoteいきなりのクラッシュ

 とても便利なので2GBほどいろんな文章や写真を詰め込んでいました。
 macなので無難にApp Store からインストールしたEvernoteでした。
 で、たまたまテキストの編集中にクラッシュ。起動しない。開かない。

ローカルのデータベースファイルを削除したい

 調べてみるとどうやらユーザ用のローカルにあるデータベースファイルが邪魔をしているらしい。
 (試しに他のユーザにログインしてEvernote起動は可能だった)
 しかし、どこにそれがあるか分からない。

ダイレクト版を再インストールする

 EvernoteサイトからDLできるダイレクト版Evernoteならばデータベースファイルの場所が分かった。
 一旦アンインストールしてから、ダイレクト版をインストール。
 アンインストールはアプリケーションフォルダからドラッグでゴミ箱→ゴミ箱を空にする→再起動。
 インストールはインストール用イメージファイルから起動してアプリケーションフォルダにドロップ。
 (再度起動するが、当然クラッシュ。ここでEvernoteを終了させておく)

アカウントに紐づいたデータベースファイルを削除→環境復帰!

 ファインダーで開く。
 メニューバーの「移動」を選びオプションを押すと「ライブラリ」が出現するのでそれをクリックして移動。
 さらに「Application Support」→「com.evernote.Evernote」→「accounts」→「www.evernote.com」へ移動する。
 ユーザアカウントに対応する数字列のフォルフだがあるのでそれを削除する。
 Evernote再起動→クラッシュしないのでそのまま同期→環境復帰。

【重要】データベースファイルの調べ方

 あとからデータベースファイルの場所を調べる方法が簡単だったことに気がつく。
 Evernoteを起動して、メニューバーの「Evernote」→「Evernoteについて」を開く。
 オプションを押下すると「データベースフォルダを開く」が出てくるのでそれをクリックすると一発でアカウントのデータベースファイルに移動します。
 

 


 

広告を非表示にする