備忘録

本の中の食べ物や日々の道具などについて書いたり消したり直したり

革靴の手入れ

 足にぴったりの革靴は宝物に近い。
 足に合わない革靴は拷問だ。
 
 というわけで足にぴったりあった革靴は大事に履きたい。ほどほどの値段がするのだから出来れば5年くらいは履きたい。そんな風に長く履くにはどうすればいいか?

何足か揃える

 最初から複数そろえること。一足をひたすら履いてはきつぶしてしまう人は、まずは二足からでも。

張り替えられる靴底を選ぶ

 靴底の縫い付け方によって、張り替えられるものと張り替えられないものがある。縫い付けでない接着式のものはおそらく張り替えがきかない。ある程度の値段を出すなら張り替えできる構造の靴を選ぶこと。

シューツリーを入れる

 もともとシューツリーがついてくるなら、それを使うこと。そうでなければ購入する。一日はいたらシューツリーを入れて休ませる。

ブラシで手入れ

 一日はいたら埃落としにブラッシング。
 あとは適度なペースで乳化クリームなどを刷り込んで、やっぱりブラッシング。
 ホコリ落としと、クリーム使って手入れするときのブラシは分けておくこと。靴の色で揃えるとブラシも本数が必要になってくるけど面倒がらずに揃えておく。
 靴の磨き方については詳細なサイトがあるので、お好みの作法を学んでおけばOK。

水は案外怖くない

 水でシミになるのを避けたい場合は、色を選べばなんとか大丈夫。どちらかというと取り返しのつかないのは水自体ではなく、水に濡れた事によるカビや乾燥の方だ。

乾燥こそ敵

 乾燥してひび割れが出来るとリカバリーは難しい。こまめに、乳化クリームで手入れをすること。
 あとは、水に濡れた後に急激に高温で乾かしたりしないようにする。

カビも敵

 カビからのリカバリーも難しい。洗う、日光消毒などいろいろあるだろうけど、まずはカビないよう注意すること。

クリームにも注意

 クリームを塗り重ねていかないこと。リムーバーを使って落としておかないと革に負担がかかる。

広告を非表示にする