備忘録

本の中の食べ物や日々の道具などについて書いたり消したり直したり

靴(黄金狂時代)

 子供の頃の記憶なので最初にどのように見たのか曖昧なまま作品名も調べられないまま、旨そうだと思っていたものがあった。

 それは、煮た靴だった。 

 飢餓状態で靴を煮て、これを旨そうに喰うヒゲの男がチャールズ・チャップリンで、その映画の名前が「黄金狂時代」だと知ったのはかなり後になってからだ。

黄金狂時代 (2枚組) [DVD]

黄金狂時代 (2枚組) [DVD]

 文章なら、あの「煮た靴」を旨そうに食べる様子、靴ひもまで余さず美味しそうな様子を引用したいところだけど、これは映像なのでそれはできないし、映像を見直しておいしそうだと思う以外に無い。

 ずっと憧れてるけど、これもまた食べる事の無い一品の一つ。

広告を非表示にする